市販されているシャンプーを批判するつもりはないが、どうやら売られているシャンプーのほとんどが、女性をターゲットにしている商品が全体の99%を占めているように思う。決して悪いというわけでもないが、中には髪の毛がサラサラになるといって、シリコン入りが売られているが、このシリコンとやらが男性の薄毛の要因になりかねない。髪の毛だけをコーティングするならいいけれど、どうやら毛根もふさいでしまっているようだ。女性の場合は、毛穴から男性ホルモン(角栓物質)が分泌されませんが、男性の場合この角栓物質と結合し毛穴に溜まって髪の毛の成長しづらい環境を生み出してしまうようです。また、最近は匂いのいいシャンプーが結構多いように思われます。通りすがりなんかにプーンといい匂いがしますよね。

でも、ちょっと待てよ!
この人ちゃんとシャンプー流しているのかよ。
はい、ちゃんと流していますよ。
それではなぜ臭うの?
それは、臭いの成分が髪の毛のキューティクルと毛穴に吸着するからですよ。
おいおい、また毛穴・・・男性にとっては最悪。男性用のシャンプーてないの?

男性用とは限りませんが、頭皮洗浄用のシャンプーならいくつかはあります。また、ここで批判するのも何ですが、一節には、市販されているシャンプーはサロンなんかで売られているシャンプーを10分の1に薄めて売られているみたいで、効果はあまり期待できないそうです。
そう考えると、サロンで売られているシャンプーて決して高くはないんですね。

そうです、当サロンで売られているシャンプーなんか、業務用で買えば1ヶ月¥500以下しかも市販品と比較すると¥50てとこかな。 安すいー
・・・
シャンプーうんちく